エクセルで範囲指定した部分をPDF化する方法

エクセル Tool

大切なExcelのデータの特定の部分だけ手軽にPDFに変換したいことがあります。

この記事では、面倒な操作なしに、必要な範囲だけをPDF化できる方法をご紹介します。大量のデータや余計な情報を含めず、必要な部分だけを効率的に保存できるため、大変便利ですよ。

本記事では、具体的な手順と共に、ステップバイステップで詳しく解説していきます。必要な情報を的確に引き出し、スムーズな作業をサポートします。

エクセルで範囲指定した部分をPDF化する方法は、2つあります

エクセルで範囲指定してPDF化する

1. 印刷範囲の設定から

この方法は、印刷範囲の設定ダイアログボックスで範囲を指定することで、PDF化したい範囲を指定します。

  1. PDF化したい範囲を選択します。
  2. ページレイアウトタブの「印刷範囲」をクリックします。
  3. 「印刷範囲の設定」をクリックします。
  4. 印刷範囲の設定ダイアログボックスで「範囲」に範囲を選択したセル範囲を入力します。
  5. 印刷ボタンをクリックします。
  6. 印刷プレビューで確認し、問題なければ「印刷」をクリックします。
  7. ファイル名を付けて保存します。

2. 選択した部分を印刷から

この方法は、ファイルタブの「印刷」をクリックしてプリンター選択で「Microsoft Print to PDF」を選択することで、PDF化したい範囲を指定します。

  1. PDF化したい範囲を選択します。
  2. ファイルタブの「印刷」をクリックします。
  3. プリンター選択で「Microsoft Print to PDF」を選択します。
  4. 印刷ボタンをクリックします。
  5. ファイル名を付けて保存します。

どちらの方法も、範囲指定した部分だけがPDFファイルとして保存されますので、目的に合わせて使い分けてください。


範囲指定せずに、すべてのシートをPDF化する手順

  1. ファイルタブの「印刷」をクリックします。
  2. プリンター選択で「Microsoft Print to PDF」を選択します。
  3. 印刷ボタンをクリックします。
  4. 印刷プレビューで確認し、問題なければ「印刷」をクリックします。
  5. ファイル名を付けて保存します。

このように、Excelの印刷設定を使えば、無料で簡単にPDF化することができます。有料のアプリを使わなくても、PDF化が必要な方はぜひ試してみてください。


関連情報として、PDF化したデータは、メールやファイル共有サービスなどで送信したり、印刷したり、保存したりすることができます。PDF化することで、データの改ざんを防いだり、閲覧環境を統一したりすることができます。

PDF化のメリットとは何ですか?

PDF化のメリットは、以下のとおりです。

  • 印刷・配送コストの削減

紙の書類をPDF化することで、印刷や配送のコストが削減できます。また、紙の書類を保管するスペースも削減できます。

  • 情報伝達の効率化

PDFは、どのデバイスやブラウザでも同じレイアウトで表示されるため、情報伝達が効率的になります。また、PDF化することで、情報の改ざんを防ぐことができます。

  • 検索の効率化

PDFは、テキストを検索できるため、必要な情報を素早く見つけることができます。また、PDF化することで、書類の整理や管理がしやすくなります。

  • 国際的な利用

PDFは、国際的に広く利用されているフォーマットであるため、海外とのやり取りでも問題なく利用できます。

このように、PDF化にはさまざまなメリットがあります。

PDF化は、ビジネスシーンや日常生活において、さまざまな場面で活用できる便利な機能です。

書類をPDF化する一般的な方法

書類をPDF化する方法は以下の通りです。

ExcelやWordなどで作成した書類をPDF出力する方法

  • WordもしくはExcelで作成済みの書類のファイルを開く
  • 画面左上部にある「ファイル」をクリック
  • 画面左にある「エクスポート」をクリックし、「PDF/XPSの作成」をクリック
  • PDFファイルの保存場所とファイル名を選択し、「発行」をクリック
  • 作成した文書のPDF出力が完了

紙の書類をスキャンしてPDF化する方法

  • スキャナ・複合機にPDF化したい書類をセット
  • メニューから「スキャン」を選択
  • PDFファイルの保存先を指定し、「スタート」ボタンを押す
  • 書類のPDF化が完了

仮想プリンターを利用する方法

  • 印刷メニューの中から送信先のプリンターを選ぶ際に「Microsoft Print to PDF」を選択
  • ファイルをPDFとして保存

オフィスソフトの機能を使う方法

  • WordやExcelのファイルをPDFとして保存する場合、保存時のファイル形式に「PDF」を選ぶ

PDF化向けのフリーソフトやオンラインサービスを使う方法

  • PDF化向けのフリーソフトやオンラインサービスを利用して、ファイルやデータをPDF化することが可能です。

PDF化におすすめのフリーソフトは何ですか?

フリーソフトでPDF化する場合、以下のソフトがおすすめです。

これらのソフトは、いずれも無料で、基本的なPDF化機能が備わっています。また、複数のファイルのPDF化や、画像やWebページのPDF化など、さまざまな機能を備えているソフトもあります。

CubePDFは、Windows用のフリーPDF作成・変換ソフトです。仮想プリンターとして動作するため、WordやExcel、画像ファイルなどの印刷機能を使って簡単にPDF化することができます。また、PDFの分割や結合、圧縮などの機能も備えています。

PDFCreatorは、Windows用のフリーPDF作成ソフトです。仮想プリンターとして動作するため、WordやExcel、画像ファイルなどの印刷機能を使って簡単にPDF化することができます。また、PDFの編集やセキュリティ設定などの機能も備えています。

Icecream PDF Converterは、Windows用のフリーPDF変換ソフトです。画像やWebページなどのさまざまなファイルをPDFに変換することができます。また、PDFの編集やセキュリティ設定などの機能も備えています。

以上のように、PDF化におすすめのフリーソフトはいくつかあります。ご自身の用途や好みに合わせて、最適なソフトを選んでみてください。

PDF化におすすめのフリーソフトの中で、特に使いやすいのは?

PDF化におすすめのフリーソフトの中で、特に使いやすいのはCubePDFです。

CubePDFは、仮想プリンターとして動作するため、WordやExcel、画像ファイルなどの印刷機能をそのまま利用してPDF化することができます。また、PDFの分割や結合、圧縮などの機能も備わっており、幅広い用途に利用できます。

使い方は、以下の通りです。

  1. 変換したいファイルを開きます。
  2. 印刷ボタンをクリックします。
  3. プリンター選択で「CubePDF」を選択します。
  4. 印刷ボタンをクリックします。
  5. 保存先を指定して「保存」ボタンをクリックします。

以上で、簡単にPDF化することができます。

CubePDFの使いやすさのポイントは、以下のとおりです。

  • 仮想プリンターとして動作するため、印刷機能と同じ操作でPDF化ができる。
  • PDFの分割や結合、圧縮などの機能が備わっており、幅広い用途に利用できる。
  • インストール不要で、すぐに利用できる。

このように、CubePDFは使いやすく、機能も充実しているため、PDF化におすすめのフリーソフトです。

【まとめ】エクセルで範囲指定 PDF化

エクセル内にて特定範囲をPDF化する方法は、重要な情報を簡単かつ効果的に保存する際に必須の保存方法となります。

不要なデータを省いて必要な部分だけをピックアップすることで、効率的なデータ管理が可能です。手順を把握すれば、誰でも迅速に操作できるため、作業効率が向上します。

大切なデータを的確に保存し、共有する際にも便利です。エクセルの操作に慣れていない方でも、この手法を使えば簡単に特定範囲をPDF化できます。

手間のかかるデータ処理から解放され、スムーズな作業環境を手に入れましょう。


タイトルとURLをコピーしました